『働き方改革』の目的

働き方改革がコスト削減や生産性向上だけの目的になっていませんか?

働き方改革というと単に残業削減や有給消化率など労働時間の短縮に焦点が当てられていますが、それだけでは社員は動いてくれません。なぜ働き方改革が必要なのか?本来は生産性企業向上とともに、働く人の生き方、働き方を変える必要性を従業員一人ひとりが理解した上で取り組むことが重要なぽいんとになってきます。しかしながらそのやり方はすべて現場に丸投げ状態で場当たり的な対応になってしまっているのではないでしょうか?「いったい何から始めればいいのか?」「どれが正解なのか?」色々と頭を抱えていらっしゃる経営者や人事担当者の方も多いのではないでしょうか?

当社は働き方改革を成功させるためのプラン策定から研修、自走できる仕組みづくりまで、ワンストップで対応させていただきます。プランはお客様に課題に応じて100社あれば100とおりのプランがあります。まずはお気軽にお問い合わせください。

成功の秘訣お教えします!

働き方改革が単なる残業削減や生産性向上などの目的になっているところでは働き方改革は進みません。ある一定の効果は出るかもしれませんが、それ以上続けているとはメンタル不調者やコンプライアンス違反え、社員のモチベーションは下がり組織が疲弊してきます。『組織の働かせ方』と『人の働き方、生き方』を変え、持続的に成長するためには、3つの取り組みが必要です。

1.組織風土改革 2.業務プロセスの革新 3.労務管理制度、ルール(人事評価、人事制度)の革新

 

 

1.組織風土改革

オールドキャリア体質からニューキャリア体質へ。個々人が多様性を認め自立して新たな価値創造企業を作るための組織風土なしには働き方改革はすすみません。組織風土を変えるためのキーマンは3つ

①経営者・管理職 ②50歳以上のシニア社員 ③女性社員

ダイバーシティ推進が自立した柔軟な組織を作ります

 

2.業務プロセスの革新

残業を削減し、生産性向上を実現するための武器提供やコンサルティングをサポート

どんな課題があるのか、課題の大きさや数、社内での推進体制の有無によって研修からコンサルティングまで社内で自走できることを目指してご支援させていただきます。まずは現状をお聞かせください。御社の課題にあったプランを作成いたします。

 

 

◆導入例(研修編) タイムマネジメント研修概要

単なる知識付与ではなく、本当に現場で実践し生産性を上げることを目的とした実践型の研修を行います。事前に現場での実践を想定し、研修では生産性向上のためのプラン作成まで行います。研修で学んだ内容を実践し1か月後に個別フォローを行うことで更に効果を高める実効性のある効果的な内容です。

 

◆タイムマネジメント研修カリキュラム例

 

◆コンサルティング


◎満員御礼!

『長時間残業を劇的に削減!生産性向上とビジネスの持続可能性を高めるセミナー』

お陰様で定員を上回るお申込みとなり、皆さまの関心の高さを感じました。資料をご希望の方はお問い合わせフォームよりご連絡ください。

満員御礼!長時間残業を劇的に削減し生産性向上とビジネスの持続可能性を高めるセミナー 

 

 

 

 

福岡市のワーク・ライフ・バランス出前セミナー受託企業

福岡市のワーク・ライフ・バランス出前セミナーが無料で受講できます。
残業を減らして生産性を高める。経営戦略としてワーク・ライフ・バランスが取り入れる企業が増えています。

■詳細はコチラをご覧ください。 ■受付を終了しました