11月D-Cafeレポート

テーマ

これまでの5年、これからの5年ダイバーシティーのBefore/After

これまで5年間、ダイバーシティ推進に真剣に取り組んできた企業の推進リーダーが集まり、少人数でしたが非常に内容の濃いグループワークが行われました。

これまでの5年間

マイノリティに関することが多かったが企業にとって利益を生む施策だという成果までは出ていない。これからは成果が求められるが、KGIは決まっていてもKPIが決まらない。KPIの定義が難しいというのは各社共通の悩み。

これからの5年

ダイバーシティをどのように展開していくのか?というテーマでは、マイノリティから個のダイバーシティへとシフトしていく方向。全社員が自分事として取り組んで行くようにすることが必要。そのためには個の自立と成長と共に個の多様性を活かす組織づくりが必要だという意見が出ていました。また、ダイバーシティをどうイノベーションに結びつけるのか?経営層の大まかな方向性は出ているが具体的にどう落とし込んでいくのか?そこが推進者のミッションであり今まさに今後の設計を模索中。

まだまだ議論は尽きずあっという間でしたが、1社1社を取り上げ、その会社のことを掘り下げて課題解決策を考えるという内容をやってみたいという意見も出ていました。「本来は社内でもっと話し合いたいけれど話せる人がいない」という状況は皆さま同じで、D-Cafeで今回のような内容を本気で話し合っていく勉強会にしてほしいというご要望もありました。
グループワークの内容はこちらのGoogleスプレッドシートでご覧いただけます。

前の記事

2月12日D-Cafeのご案内

次の記事

12月D-Cafeレポート